Web Studio 212
関西在住ウェブデザイナーの日常生活
ピアノ発表会
いよいよピアノ発表会本番。
直前まで家で練習して最後に一回だけ「よし」と思う演奏ができた。これが本番でできればいいのだが。と思いながら出発した。

僕らの出番は第三部のトリ前。第三部は17時スタートだけど出演者は16時に集合と言われていたのでとりあえずその時間に行った。すぐ会場入りして他の人の演奏を見るつもりだったけど、僕の演奏を見てもらうために一緒に来てもらったAちゃんのすすめで少し腹ごしらえをした。
そして会場で合奏するWさんと会って「がんばりましょう」と言いあって客席に入った。

他の人の演奏はとてもすごかった。発表会というとたいてい有名な曲か凝った曲をやるものだからそれだけですごいし、ほとんどの人はその曲を弾きこなして見せるのでまたまたすごい。
僕らがやるのはKANさんの「ordinary days」というあまり知られていないJ-POPの曲だ。スティービーワンダー的なラテン風?のノリが入っててシンコペとかが混じって譜割りが難しい。ピアノも歌もそうだから歌いながら弾くのはかなり困難だ。POPSなのでそんな風には聞こえないかもしれないが…。僕がエレピで主要バッキングと歌をうたい、Wさんがイントロや間奏でフルートとかパッドの音で表の音を弾く。ベースとドラムはあらかじめ作ったmidiデータで鳴らす。
データが鳴るので、とりあえず僕がいくら間違おうとも一曲全部ノンストップで音が鳴るのはありがたかった。

さて、今回は少し工夫をした。楽譜のいつも家で弾くときに鼻の前にある部分に印をつけて、そこと鍵盤のF3の位置がまっすぐ重なるようにして、そこから20cmぐらいの位置に自分のおなかがくるように、右足をペダルにかけて体をやや右半身に構える、と決めておいた。その位置でいつもと同じような体感で弾けば同じような音がでるはずだと考えたからだ。
これが今回多少は功を奏したかもしれない。

というのはレッスンルームで弾くときと違って、(レッスンルームでは電子ピアノ本体から音が鳴るのだが)音が遠くのスピーカーから客席の方へ向かって鳴るために、自分用のモニターがなく自分の音がすごく聞き取りにくかった。だからほとんど鍵盤の位置を目で見て確認しながら弾き、時々聞こえる音で合ってるかどうかを判断して修正を入れたりした。途中で僕の先生がそれに気づいて楽器のボリュームを上げにきてくれたりしたが、最初にけっこう大コケしてしまったので収拾つけるところまではいけなかった。
後でAちゃんに撮ってもらったビデオで確認したら、やはりところどころ大きく音をはずしていた。

そんな状態だから歌のほうもかなりひどかった。当然ながら自分の声は聞こえるのだけど、エレピの音が聞こえないのをいろいろカバーしようとするので歌のほうまで気がまわらないので歌詞がとんでしまったりヘロヘロ声になったりしていた。
しかも今回マイクのセッティングが甘くてだんだんマイクが下がっていく。それを追いかけながら姿勢を猫背にして歌った。
これもセッティングの人が来て直してくれようとしたが、直した後もかなり下のほうの位置で固定されてしまって、思うように歌うには厳しい状況だった。

そんなこともあってなかなかに厳しい出来に終わった。
まあ仕方がない。これが実力だ。
だけどもう少しいい感じになる予定でいて、それをAちゃんに見せたかったので少し残念だった。思うようにはいかないものである。

今回は練習が思うようにいかず1か月前までほとんど弾けなかったのが、1か月でグングン弾けるところまで持って行けたというのは(結果的に本番で弾けなかったとしても)良かったところだ。
それは合奏してくれたWさんのおかげでもある。明るい性格のWさんがいるとやる気が出るし、喋ったりいろいろしているうちに自分のその時の問題点に気づきやすくなる。それで試行錯誤できたから練習するたびにできることが増えていったと思う。来年もできればこのペアで参加したい。そしてバシッときめてみたいものである。
スポンサーサイト
ピアノレッスンノート
今日は発表会の直前の補講だった。発表会前の最後のレッスンでペアで出る人と合わせる最後のチャンスだった。ここでバッチリ弾いて不安をぬぐえれば発表会にスッキリした気分でのぞめたのだが…

しかしそんなにひどくもなかった。6割ぐらいは歌いながら弾けたし、つい先日まで全く弾けなかった曲をよくここまで持ってこれたものだと我ながらその点は評価していて、僕の本来の実力から考えれば予想以上の上出来だ。

あとは今はまだよく間違える歌詞を覚えてしまったりして不安を少しでも減らしたいと思う。無意識的に声が出て手が動くような力の抜けた状態に近づくように、明後日の本番までどれだけ練習できるかというところだ。

今回はバイトや仕事で時間や精神的フリー感がいつもより少ない中ではなかなか頑張ったほうかなと思う。なかなかにしんどくて、うまくいかない落ち込みも半端じゃない感じで追い込まれてプレッシャーにつぶされそうだったが、なんとかなるんじゃないかと希望が持てるぐらいまで持ってこれた。あと二日間もう少しの辛抱だ。
当日にたまった力を解放するように気持ちよく弾けたらいいなと思う。
ピアノレッスンノート
今日は本番での演奏のセッティングを決めた。僕は自分の音が大きめに聞こえないと全然弾けなくなるのでギンギンに鳴るようにしてもらった。それでまあ演奏のほうはなんとかなった。あとは本番までどのくらい習熟できるかってところだ。
しかし歌のほうは全く人前で練習してない。人前に出ると体のセッティングが変わって声の出方が違ってしまう。それで今日は先生に演奏を変わってもらって歌だけで練習させてもらった。結果として高い声が全然出なかった。ダメなときの歌い方になって喉声だから一回でヘロヘロになってしまい二回目歌ったときは声がかれて出なくなっていた。
今週末が本番なのにとてもヤバイ。
困りました。
ピアノレッスンノート
必死に練習したのでピアノは6割ぐらいは弾けるようになったが「これじゃあ全然ダメだなあ」と思いながら今日のレッスンをむかえた。

発表会はもう間近なのでペアで出る人と合わせる段階なのに、こんな出来で申し訳ないなあと思いながら弾いたら思いの外ちゃんと曲っぽく聴こえるぐらいになった。

それで気持ちがよくなって何度も合わせて弾かせてもらって、今まで弾けなくて自信のなかったところもなんとなくクリアできて「よっしゃ!」という感じだった。

しかし今日は弾くだけで精一杯だったし、あとまだ歌わなくてはいけないのに歌いながら弾くなんてまだ全然無理な状態だ。

あと一週間でそこまで出来るように仕上げなくてはならない。
果たしてそんなことが可能だとはとうてい思えないが、今日がそうだったように練習したらした分だけはなにかのきっかけで出てくる余地がある。しなければ何にも出てこない。そう信じているので可能な限り練習をしてうまく弾ける経験を積み重ねるばかりである。
ピアノレッスンノート
ピアノレッスンまであと20分しかないときに自転車で出発して雨がポツポツ来てたのもありかなりの全力で梅田まで走ったので10分遅れで入ったレッスンでは体の感覚がおかしくて演奏はメチャクチャだった。後半で持ち直したけど後半は元々メチャクチャだったからちょっとマシになった程度。

もう一回弾いたら今度は楽譜が目から頭に入るようになっていつも弾けてるところはいつもぐらいには弾けた。

うまく弾けないときは楽譜を見てもなにがなんだかわからない感じなんだと先生に言って「何でだろうねぇ?」と話した。

帰りに自転車をゆっくり走らせながらその事をいろいろ考えた結果としてある仮説を思い付いた。

僕は楽譜を横方向にしか見てないかもしれない。だから重なる音が少ないうちはいいけど、音がたくさん重なってくると流れが見えなくなってしまう傾向がある。つまり縦方向の意識が薄いのだ。もっと楽譜を縦にも横にも自由に見て全体を掌握出来るようになればいいのではないか?せっかく楽譜として視覚化されているのだしコードネームとかもついているのだからもっと工夫して活用すればいいのにそこに今まで気づいていなかった。
ちょっとこの事を研究してみようと思いながら帰ってきた。

いい運動になったし今日は自転車に乗っていってよかったな。
ピアノレッスンノート
複雑だけど弾いてみるとスッと弾けるところもありなかなか覚えられないところもありだけど、そんなところも含めてなんとなく全体的な構成やパターンを把握しはじめてきた。
この曲のノリがわかってきたように感じる。
間違えないようたどたどしく弾くだけでなくノリに乗って弾く練習もそろそろやらねば。
ピアノレッスンノート
先週の課題だったイントロはバッチリ弾けるようになった。
イントロを抜ければバッキングだからシンプルになるはず、と思っていたら、今日先生が作ってくれた楽譜は元曲を完コピしたなかなかに複雑な細かい譜面だった。省略するならこうしなさいと指導もしてくれたがせっかく譜面があるのだから完コピのまま覚えたい。しかし歌いながらこんなの弾けるのだろうか?と少しビビっている。

発表会まであと4~5回ぐらいしかレッスンがない。だから一回一回ちゃんと課題をクリアして進まないと間に合わない。しっかり練習せねば。とは言っても最近はある程度手も動くようになったし覚えがはやくなったので心配はあまりしていない。普通に練習すれば大丈夫だろう。

しかし、こういう風に覚えるばっかりのピアノをやっているだけでは、元々の目標である自由に弾けるようになる境地にはなかなかたどり着かない気がする。なのでちょっと別な練習も増やしてみたいと思った。これまでも家で自由に即興的に弾いたり、曲にあわせて勝手な伴奏をしたりする練習はしているが自己流では才能のない僕なんかには限度がすぐにやってくる。

そこで今日はピアノのための音楽理論の本を買ってきた。コードやスケールのことがいっぱい書いてある。
闇雲に自由な練習をするだけでは無駄があるが、僕はすぐにうまくなりたいのでこういう理論書からヒントを得てどっちへ進んだらいいかを決めて無駄なく練習をしたいと思った。才能のある人ならその人の嗅覚で必要とするものを手繰り寄せて練習できるのだろうが、僕はそんな人ではないからヒントはできるだけ多く集めたいと思っている。ヒントからどれを選ぶのがベストかを判断する嗅覚はわりとあるほうだと思うし。
下手な自己啓発本を読むよりもこういう本のほうがよっぽど僕にやる気を持たせてくれて重宝する。今回もちゃんとやりたいことをやれるようになる方法を見つけたいと思う。
ピアノレッスンノート
曲のイントロ部分が先週出された課題で、難しくてちょっとずつしか覚えられなかった。まだテンポにのって弾けないけど超スローなら音を全部思い出せるのでとりあえず記憶はできたようだ。あとはひたすら繰り返し練習。ここまでくれば試行錯誤できるから楽しくなる。
ピアノレッスンノート
先々週は定休で先週は忙しくて休んだので随分間を開けてしまった。

毎日なにかしら弾いているので前より下手になってはいないと思うが、はやく新しいことを教わりたいとウズウズしてもどかしい感じだった。

今週は秋の発表会で弾く曲の打ち合わせをして、イントロの楽譜をもらって、その弾き方を教わった。

秋の発表会では毎年一緒に出てる人と今年も一緒にやるのだが、僕が歌いながらエレピでバッキングしてその人が装飾的な部分を弾いてくれる。ベースとドラムは先生がパソコンで作ってくれる。

イントロの弾き方を教わったがシンコペだらけだし自分のパートだけだとどこが頭か見失う。原曲をもっと聴いて頭の中で鳴らしておかないといけない。

それで帰りに中古CD屋に寄ったがアルバムは見つからなかったので帰ってからiTunesで一曲買った。CD屋巡りの途中でタワレコに寄っていろいろ試聴したらひとつ気に入ったのがあって思わず衝動買いをしてしまった。

はばおズは都合により今ちょっと休止している。でも曲は作っていてそのためにヒントを示しているようなものを見つけると衝動買いしてしまう。それで今まで暗中模索的な曲づくりだったのがなんとなく方向性が見えてきたように思う。
ピアノレッスンノート
秋の発表会でやる曲が決まり、どんなアレンジにするかを相談した。シンコペが多くてリズムの難しい曲だしこれを二人で弾くのでアレンジはかなり難しそう。そこに僕の思い付きを入れてもらったりするのでまた先生方を悩ませそうだ。今日のところは二人がどこを弾くか大まかな役割分担を決めてちょっと意見を出したところまででした。

その後はばおズのことなど相談した。
はやくライブをしてくださいとのこと。
copyright © 2005 Web Studio 212 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.