FC2ブログ
Web Studio 212
関西在住ウェブデザイナーの日常生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うじゃ祭を終えて
2月17日~20日の4日間、うじゃメンバー有志による即興楽団UDje( )をテーマにした作品展「うじゃ祭」が開催されました。
実行委員として関わったのでどんなことが起こったのか僕の目線でのことをここにまとめておこうと思います。

まずはじめにMさんがうじゃの展覧会をやると言っているのを聞いた時には関わるつもりは全くありませんでした。「なんでそんな難しいことをやろうとするのか?」と思ったからです。
自分の個展や何人かのグループ展と違って、うじゃというものを扱わないといけないしいろんな人が関わるだろうからそれらからの調整事もいっぱい発生するだろうし開催まで時間もないし、ということでそんな難しいことはやるべきではないと思っていました。
でもいつもいいかげんなことばかり言っているMさんが「本気でやる」と言っていたのでチャチャは入れずに見ていようと思いました。

で、MさんはFacebookをやっていないのでFacebookのうじゃコミュニティで作品を募ってほしいと頼まれました。別にFacebookに載せなくても個人的に一人ひとり頼めばいいんじゃないかと思ったのですが、まあそれぐらいの協力はしようかなと思って軽い気持ちで募集の投稿を書きました。

でも僕の名前で募集を出してそこへ応募してくるってことはその作品に関して僕がちゃんと責任を持たないといけない、雑な展示などされたらせっかく応募してくれた気持ちを踏みにじることになってしまう。とハタと気づいてしまいました。
それで仕方がないので本腰を入れて取り組むことにしました。

取組はじめると、みんなあまり具体的なイメージを持っていない感じですごい軽い感じで話してるので、これはやばいと思いました。とにかく少なくとも即興楽団うじゃや関わっている人たちのイメージを壊さない水準以上に仕上げないといけない。だから僕が重しになってダメなものはダメと判断する役割を担いました。Mさんには他にいろいろやりたいこととかあったのだろうけど今回は「うじゃ」という名前を使う以上我慢するところは我慢してもらわねばならないと思っていろいろダメを言いました。あまりの話の通じなさにかなりケンカみたいになったこともありました。日頃からもっといろんな話をしていれば通じる部分もあったのかもしれません。時間があればもっといろいろ話をして作り上げることもできただろうけど、今回は時間がないので僕が日頃考えているうじゃのイメージを基準に判断させてもらいました。
まあそんな感じで実行委員内とうじゃメンバーのいろんな人との間に入っていろいろ質問に答えたり、判断を下したりしていきました。

仕事も重なって睡眠不足で疲れてイライラしてツイートしたりしてたのでまわりの人に心配されたりもしました。そんなときに作品展に作品を出してくれる予定のHちゃんが手伝いましょうか?と言ってくれたことにものすごく救われました。

展覧会前日に会場の設営をしました。うじゃ旗や三角旗を飾ると一気にうじゃワールドになり、それを見てなんとかうじゃ展としてイメージをキープできるとホッとしました。

作品の展示方法は、漠然とランダム展示にすればうじゃっぽくなるかなと思っていてそのようにしましたが、これは事前にもっとシミュレーションして考えておくべきだったと後になって思いました。
確かにランダム展示することによってウジャウジャっとしたカオス感が出るので表面的にはうじゃっぽくなるのですが、全部がまとまって全体で1テーマみたいな見た目になるので、うじゃの個性を尊重する部分が出ていない、逆に全体主義みたいな感じになってしまったと思ったからです。作者ごとのグルーピングはちゃんとやるべきだったし、そのグループ同士がランダムに混ざり合いながらハーモニーする感じにするほうが適切だったと今は思います。

展覧会がはじまって1日目と2日目は即興で音楽をやる会がありました。そのイベントはMさんに仕切ってもらうことにしていたのですが、どうやら相当緊張感を持ってのぞんでいたようでそれで今まで時折口汚い言葉を出したりしてストレス発散していたんだなとわかりました。わかったところでこちらにはやっぱり迷惑な話ですが。
イベントは生ものなので僕は口出しせずなりゆきまかせにしました。
結果的にMさんは好きなことができて喜んでいましたが、他の参加者たちはちょっと疲れた感じに見えました。僕が思ってる即興とは違うと思って僕はあまり楽しくなかったです。でもまあ自分に足りないものを見つけたり勉強の場としてはよかったのかもしれません。

3日目は昼間しょうゆさんのテルミン体験会がありました。僕は仕事でどうしても行けず不参加だったのですが、参加した人たちは楽しんでくれてみんな喜んでくれたようです。
その日の夜はKさんによる即興作詞ワークショップと題したイベント。参加者に即興弾き語りをしている人がいていろいろと演じてくれました。その場のいろんな音などからイメージを膨らませて歌う。歌った言葉から次の言葉が生まれていく、みたいな感じでした。即興ってこういうことだよなあと思いいろいろ勉強になりました。
Kさんたちがパフォーマンスしやすい空気を作っているのもいいなあと思いました。うじゃ旗や三角旗が会場イメージを変えたように、こういう準備やお膳立てはとても大事なことだと思いました。

4日目は打ち上げパーティ。パーティの前に会場を片付けてしまったので、作品を見るのを楽しみにしていた人に残念な思いをさせてしまいました。僕は自分が疲れていたのでその気持ちだけでサッサと片付けてしまって、来る人のことを考えていなかった。反省します。
パーティーではいろんな話をしましたが案の定Mさんとまた言い争いになってしまいました。なんというか使ってる言葉の意味の捉え方とかが違うのかもしれない。だから同じことを言ってもかみ合わず言い争いになるのかもしれないと思いました。

今回はわかりあえない徒労感が一番しんどいところでした。
いろんな人に迷惑をかけて信用を失ってしまったしあんまり味方がいない感じがしてつらかった。
でも展覧会という一つの形を作ることは楽しかったし、最後までやり遂げられて責任も果たせたと思うので投げ出さずにいてよかったと思いました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Web Studio 212 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。