Web Studio 212
関西在住ウェブデザイナーの日常生活
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピアノレッスンノート
先生の言ってること、教えてくれることもそうだがそうではない世間話とかもすべて含めて、そういう言葉の一つ一つが最近はちゃんと耳に入ってきている気がする。少なくとも昔習い始めた時とは違っている。

先生との長いつきあいで親しくなったということもあるだろうが、僕が即興楽団UDje( )に出会ってそこできちんとパフォーマンスができるようにいろいろと学び始めて音楽と正面から向き合うようになったからということが大きい。
僕はなかなか発揮されないけど本来は研究熱心なところがあるし、先生も音楽大好きな人で研究熱心なのでそういうところが共感で結ばれたため言葉も通じるようになってきたのではないかと思う。

今思えば昔は習いに行くことだけで満足しているところがあって、簡単な曲を少し弾けるようになるだけで嬉しかったのでレッスンで習ったことを家でさらって行くぐらいの練習しかしていなかった。
今は練習で必要と思うことは全部やるし思いついた余計なこともやってみようとする。まあ腕がないため思いつきどおりにはあんまりできないのだが。四六時中どうすればピアノがうまくなるかを考えていると言っても過言ではない。仕事でうまくいったことを思いながら、これはピアノの練習にも応用できるのでは?と考えたりとかだ。

そんな感じでいると先生の言葉も素直に耳に入ってくる。先生が「こういう音を足したらもっとかっこよくなる。」と言ったら、おおーかっこいいと素直に思い、自分でやってみて、おおーできたーと感動する。
これが昔だったら、なぜかっこよくなるのだろうか?とか考えだしていろんなことを調べたりして頭がこんがらがってただろう。つまりやっていることが音楽じゃなかった。
今は音楽をやっている。
音楽をやっている同志が話すから話が通じるようになったのだ。
こんな単純なことにたどり着くのにずいぶん時間がかかった。

僕はものすごく要領が悪いし、人見知りもするので、教わったり習ったりしてもなかなかうまくならない。それどころか教えてくれる人の言ってる言葉にもなかなかピンとこなかったりする。
昔教習所に行ったときも何度も検定に落ちて、「どうしてそんなに出来ないんだ!」と怒られたりもした。それは僕の運転技能が下手くそだから仕方がないのだが、自分が慣れてることでも相手が変わると話す言葉がわからなくなってうまくいかなくなったりもした。僕は実感することを重んじるので相手がちゃんと感じているかどうかがわからないと納得いかないのだ。それに極度の人見知りでもあるし。
そんなことばっかりあったので、なるべく人と関わらないで済む仕事をするようになったし、何かと一人で済ませる癖がついていた。

でもそれでは結局は満足できなかった。いろいろやりたいことはあったし、思う通りにやらないとどうにも気分がスッキリしないと思った。それで最初にやったのがたぶんピアノレッスンに通う事だったと思う。それが長い時間を経てようやく軌道にのりだしたという感じがしている。
僕は扱い辛い生徒だと思うが忍耐強く付き合ってくれている先生には感謝している。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Web Studio 212 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。