Web Studio 212
関西在住ウェブデザイナーの日常生活
職場と居場所
今日ある職場をのぞく機会がありちょっと暗いがよくある会社の雰囲気だったのだが、それは僕が昔から苦手だった雰囲気でもあった。

今だったらそんな中でもいいところを見つけてやっていけるかもしれないが、昔の僕はそういう中に入っていくのが本当に嫌で、息苦しくて居続けるだけでもかなりのエネルギーを使う感じだった。だからそんな雰囲気が大多数の会社への就職はせずに違うことをやって今まで来たと言っても過言ではない。

最近入った職場は雰囲気が良くてすぐに馴染めた。信頼してる友人がいるというのも大きいし、自分が昔よりは柔軟になっているというのもあろうが、こういう職場と縁があったという幸運もあったと思う。

今日の暗い職場を見たときに自分はラッキーに恵まれたんだと思ったのでした。

しかし普通の職場ってなんであんなに居心地が悪いと僕は感じてしまうんだろうか?こう感じるのは僕だけなんだろうか?

今まで色んな職場に行ったが、それぞれ違った雰囲気を持っていて、自由そうで楽しげな職場もあったし、身内が関係してる職場もあったけどどれも僕には居心地が悪かった。
そう感じる原因がケースバイケースでいろいろあったと思うのだがそれにしても居心地のよい職場が少なすぎるのではないかと思ってしまう。

逆にそういう場所でも今ならある程度どうにかできるというのは、自分の中の基準線がしっかりして揺らぎにくくなっているから自分が崩れなくなっているということだろうと思った。

いわば自分の中に自分の居場所があるからどんな場所にいても大丈夫なのだ。そしてその居場所は自分一人で作ったのではなく、まわりが認めてくれたものでもある。

今の職場にしても来るときには僕は最初から求められる自分の役割があった。それをこなしていくうちにまわりの人と仲良くなって居場所が広がったと思う。

昔の僕も嫌がらずに職場に入っていって何かの役割をこなせばよかったのかもしれない。でもその頃の僕は人から押し付けられる役割をこなすことはできなかった。役割と自分とを同一視しなければならないと思い込んでいたのかもしれない。自分を変えるのは嫌だからそんな役割を押し付けられるのは理不尽に感じて、そんな職場は嫌な場所だと感じていたのだろう。

今でも僕は自分を変えるようなことはしないが、何をやったって本質の自分はそうそう変わらないと信じられるので、少々おかしなことをやらされても何ともないしそれを楽しめたりもする。

もういい年なんだからちょっとぐらい変わって大人になったほうがいいんじゃないかと思わないでもない。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Web Studio 212 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.